ドローン自体に悪はない。悪があるとすれば人間の方だ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近ドローンに関する話題が盛んだ。マスメディアで頻繁に流される話題はほとんどが"批判"と取れるものだが、ドローンは本当に悪なのだろうか。

つい先日、少年が祭り主催者の業務を妨害したとして家庭裁判所に送致される事件があった。テレビニュースではそれを受けてコメンテーターの人が、「ドローンの使い方を規制していくべきですね」と言っていた。私はこうした発言・考え方を容易にすべきではないと思う。

確かにドローンに限らず、例えばスマートフォンなどは使い方によっては"悪"にもなりえるかもしれない。だが、はたしてそれを法律や罰則で規制してしまっていいのだろうか。それでこれらの問題は解決するのだろうか。

本当に大事なのは「人間が成長すること」ではないだろうか。今回の記事をきっかけに、ドローンの使い方を調べてみたが素晴らしい用途が様々あることがわかった。

たとえば、山で人間が踏み込むことのできないような場所へ飛ばし、搭載したカメラで映像を記録することができる。その他にも、今まで専門家や技術者など一部の限られた人しかできなかったことが我々一般人にもできるようになったのだ。

技術の進歩は止めることができないし止めてはいけない。それは人間の探究心を止めることになるからだ。ドローンの"正しい"使い方を考えることは人間について考えることと同じかもしれない。

「カメラスタビライザー.com」DJI正規代理店

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.datumousiteru.com/mt/mt-tb.cgi/458

コメントする

このブログ記事について

このページは、トキワ荘が2015年10月26日 13:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「掃除機の買い替えは各メーカーの特徴を調べて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。